カナダ留学で学ぶ政治

カナダへの留学で学べることは英語だけではありません。

今、カナダでは就任したトルドー首相と彼によって選ばれた内閣のメンバーが、世界中から多くの注目を集めています。海外では若者も政治について日常的に議論をするので、留学をすればおのずと日本の政治や社会について語らなければならない場面に遭遇するでしょう。

政治と聞くとむずかしく感じるかもしれませんが、カナダ留学を機会にカナダの政治・社会について学び、日本の政治についても興味をもってみましょう。ではまず、カナダについてです。

40代と若くイケメンなことからも人気の高いトルドー首相ですが、人選をはじめとする彼の手腕にも注目が集まっています。内閣のメンバー30人は男女15人ずつ平等に選出され、「なぜこれほど男女平等を重要視したのですか」との記者の質問に「2015年だから」と答えた会見は有名です。

他にも先住民族や障害のある人を起用しており、かつてないほど多様性を重視した内容になっています。トルドー氏は父親も首相をつとめた政治家でいわゆる2世議員なのですが、さっそく内閣のユニークな人選を示したことで彼への期待がよりいっそう高まりました。

伊勢志摩サミットで日本に来日し、国内でも知られるようになったトルドー氏。カナダ留学の前にカナダの政治について学び、日本の政治についても日本語でいいので、ある程度説明できるようになっておくと安心でしょう。カナダ留学のみならず、海外留学すると、自分の国について知らない人は対等に話をしてもらえないという現実が実はあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *