カナダが留学先に選ばれる理由とは

最近多くの日本人が留学先にカナダを選んでいます。

その理由の一つに、治安が良く人々が穏やかなことがあげられます。語学力に自信がある方でも知らない土地に住む時は不安があるものです。現地の人々が温かく迎えてくれると思うだけで、積極的にコミュニケーションをとることができます。また、留学というと英語を学ぶと思いがちですが、フランス語も学べるのがカナダ留学の魅力の一つです。多くの州で公用語は英語とフランス語に定められており、ケベック州ではフランス語だけが公用語とされてます。

そのため、ケベックシティやモントリオールではフランス語習得を目指した方が滞在しています。都市部では多くの語学学校があるため、競争にさらされた学校はどこも工夫をこらした授業を行っています。語学には自信がないという初級者も海外で働きたいという上級者もどちらも受け入れる懐の深さがカナダにはあります。最終的には移住を目的としてカナダに留学する方もいらっしゃいます。就労ビザを取得するのはスキルがあってもなかなか難しいものです。

しかし労働者の不足を補うために、条件を満たしていれば就労ビザを請求できる制度ができました。それがポストグラデュエートワークパーミットです。指定された学校の8ヶ月以上のコースを修了すれば、そのコースと同じ職種に、学習した期間と同じだけ就労できるというもので、期間は最長で3年です。移住までは目指していなくても、将来的に海外で働きたい気持ちがあるのなら、留学先を選ぶ際に頭に入れておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *