留学に必要または不必要な物

留学を控えていると、あれが必要かなこれが必要かなといろいろ揃えてしまいがちです。

確かに知らない土地に行くわけですから、安心のためにも揃えたくなってしまいます。しかし、実際に渡航してみると、意外と使わないものも出てくるものです。日本から持っていく物は、現地でも絶対に必要な物、現地では買えないかもしれない物にします。例えば、薬類です。内服薬でも外用薬でも自分に合った薬を持っていった方がよいです。

海外の市販薬は用量が多く、日本人には効きすぎる場合もあります。また、医療機関にかかっても、同じ薬を処方されない場合があります。また、特に女性は、化粧品類も持って行ったほうがいいです。これも自分の肌に合ったものを使い続けたほうが良いからです。さらに、日持ちのする食材があったらよいかもしれません。日本や日本食が恋しくなった時に食べれば元気が出ます。逆に、洋服類は最小限にします。1週間分を目安に持って行くとよいです。1週間分あれば、洗濯もできます。特にジャケットなどのアウター類は、留学する現地で購入するとよいでしょう。

留学先の気候に適したものを購入できるし、現地の人にも馴染み、防犯にもなります。必要な洋服は途中で買い足して、なるべく日本からの日本からの荷物は減らします。もう一度持っていく物を確認し、本当に必要なのかそうでないかを考えるといいです。スーツケースもたくさん持っていけるわけではないので、限りあるスペースを有効に使いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *